即興演奏セラピーBefore/After【第1話】【2018年1月5日号】

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

今回から数回にわたって
(たぶん2〜3回で完結できると思います。)

私自身が自分を実験台にして

【即興演奏セラピー】を自分に施した
Before & After(ビフォー・アフター)

をお話しようと思います。

2010年10月19日
一人でいると死のうとしてしまう自分が
自分で恐くなり、私は
とある総合病院の精神科に駆け込みました。

「情緒不安定性パーソナリティー障害」

と診断されました。

世間的には
「境界性パーソナリティー障害(BPD)」
のほうが有名なようです。

これらは、

世界保健機関(WHO)と
アメリカ精神医学会とで
病気の分類の仕方によって呼び方が違うだけで、

まぁ、似たような病気だと思います。

参考(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/?curid=81203#アメリカ精神医学会

興味有る方は、『17歳のカルテ』という
若き日のアンジェリーナ・ジョリーと
ウィノナ・ライダーのW主演の映画を観れば、
この病気のイメージがつかめると思います。


https://itunes.apple.com/jp/movie/17歳のカルテ-字幕版/id475357218

で、その後、ドクターの勧めで、

  • 通院、薬物療法
  • 臨床心理士による心理カウンセリング
  • 仕事は辞めて自宅療養(落ち着いてきたらアルバイトOK)

という日々が始まりました。
(本当は入院させて欲しいと訴えたのですが、、、)

当時、私は27歳でした。

病気になった、そもそもの原因は、

とある恋愛関係上の問題から
私が勝手に【悪夢の未来】を創りだしてしまって
その悪夢が脳裏に焼き付いて
離れなくなってしまったことです。

今考えても

https://ja.wikipedia.org/?curid=81203#アメリカ精神医学会

に記載されている9項目全ての症状が
見られたと思います。

そんな状態でしたので、

家に一人で居ても、居てもたっても居られず
暴れまわっていました。。。(苦笑)

木のベッドとか、椅子とか、他の家具とか
ボロボロになりました。。。(苦笑)

ずっと、
泣いたり叫んだり暴れたりしていました。

ただ、投薬された薬の副作用の眠気が強烈で
薬を飲むとすぐに眠ってしまっていたので

イライラ→暴れる→薬飲む→変な時間に寝て起きる→寂しさや怒りに襲われる→また薬飲む・・・

みたいな状態でした。

本当に始末が終えませんよね、
今冷静に考えると(苦笑)。

週1回のカウンセリングなんて、
全然足りないと感じていました。

で、ふと、たまたま落ち着いている時に、

「そうだ、スケッチブック買いに行こう」

と思い立ち、文房具店から2冊買ってきて

とにかく心の中にあるものを全て
スケッチブックに吐き出し始めました。

今考えると

この2冊のスケッチブックが私を救いました。

誰にも見せるわけでもないし!! と開き直り、
誰にも遠慮せず、自分に完全に正直になり、

たとえば、

「殺したい」「死にたい」
と思ったら、そう書く。

「寂しい」「ムカつく」
と思ったら、そう書く。

時には文字で。時には詩で。時には絵で。

これもひとつの
【言葉にならない想い】を
吐き出す作業だったと言えます。

(≒「紙に書き出すマインドフルネス」とも。)

***

そして、このスケッチブックと共に、

私を救ってくれたもうひとつがピアノでした。

1月3日号の音声の中でもお伝えしましたが、

手のひらをグーのカタチにして鍵盤を殴っていました。

私の心の中には、いろんな想い、いろんな感情、
欲求、欲求不満、怒り、恨み、絶望などが渦巻いていていました。

↑↑↑
当時のiPhone3Gで撮影した、当時使っていた電子ピアノ。
今も私の部屋にあります。。。

残念ながら、最も私が荒れていた頃の音源は、
どのハードディスクを探しても
どのストリーミングサイトを検索しても
残していませんでした。

いつかのタイミングで消していました。

ですので、

今回は、

だいぶ落ち着いてきた頃ではありますが、

=============================

2011年11月14日の音源を公開したいと思います。
↓↓↓
http://afourboy.heteml.jp/mindful-music.jp/mp3/20111114.mp3

(私の両手の10本の指が鍵盤を右往左往しながら
絶望と希望を訴えようとしているようにも聞こえます。。。)

=============================

スケッチブック、ピアノ、
それ以外にも

  • 「カウンセリングサービス」というwebサイト
  • 臨床心理士による「睡眠サイクルの修正」
  • 精神保健福祉士による面談
  • 図書館通い
  • 短期アルバイト
  • ハローワークでの適職相談
  • 法テラス紹介弁護士による自己破産手続き
  • 母親からの支援

などなど、様々な要因が

私を回復させてくれることになるわけですが、、、

(つづきは次号へ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です