即興音楽が心をつなぐ【2018年1月6日号】

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

ところで、

1月27日(土)に開催予定の「お茶会」ですが、

  • 東京だったら参加したんだけどな〜
  • 別の日程なら都合つきそうかも・・・

といった声をいくつかいただいておりますので

現在、

追加日程&大阪以外(関東圏)開催について検討中です。

「それなら参加したいかも〜!!」と思ってらっしゃる方は

スケジュール帳片手に、少々お待ち下さいね♪♪♪

尚、この

【お茶会】マインドフルミュージックforオンリーユー

https://www.facebook.com/events/358358344636172/

にお越しいただいた方にプレゼントさせていただく

【特典】は、、、

 

  • 「言葉にならない想い」音楽にしてプレゼント

 

  • マインドフルミュージックセラピー体験セッションの
    ☆超VIP待遇での最優先ご案内☆

 

  • 感情コントロール&健康維持のために役立つ情報の定期的なご案内

 

  • その他

 

などを検討中です。

お楽しみに☆

 

***

 

で、今日は、ちょっと肩の力を抜いて

素晴らしい【音の対話】

の例をお見せしたいと思います。

↓↓↓

元ビートルズの故ジョージ・ハリスンの
シタールの先生だったことでも有名な

故ラヴィ・シャンカルさんと
その娘さん、アヌーシュカ・シャンカルさんとの

微笑ましい父娘共演です。

父であるラヴィさんが即興で歌うメロディーを
娘のアヌーシュカさんがシタールで拾っていき、
だんだん、打楽器も加わっていきます。

このように、

即興演奏では、

その瞬間、その場所にいる、その人たちにしか
出せない音楽が生まれます。

決して、CDで音楽を聴くだけでは得られない
スリリングな楽しみがあります。
(もちろん、CDで既成曲を聴くことにも
違う楽しみを感じることができます。)

 

その場所と時間を共有している全員が
今この瞬間奏でられている音楽によって
【つながっている】感覚

 

を感じます。

 

今この瞬間、みんなと一緒に生きている!!
感情を共有できている!!
という深い幸せを感じることができます。

 

この感じは、

ライヴ・コンサートでミュージシャンが
既成の曲であっても部分的にアドリブを入れるだけで
盛り上がれるアノ感覚と非常に似ています。

たとえば、

沖縄でのライヴでは

「オキナワ!!」とか

サンパウロでは

「サン・パウロォウ」なんて叫ばれただけで

ファンは喜んで盛り上がって、歓声を上げますよね??

あの感覚と非常に近いと私は思います。

そして、この

 

【即興音楽によって心がつながる感じ】こそ

私が企画中の世界初の試み

「マインドフルミュージックセラピー」の

根幹を成すキーポイントになると思います。

 

尚、

マインドフルミュージックセラピーでは

私があなたに楽器演奏や音楽を教えたりとか
あなたを音楽家や作曲家に育て上げるためとか
そのようなサービスにする予定はありません。

あくまで、

あなたの心の中にある悩みやストレスを
音楽とマインドフルネスによって取り除いていく

という目的で考えています。

「、、、じゃぁ一体何なの、それ??」

「ますます気になってきた。。。」

ありがとうございます(^^)

まずは、

 

【お茶会】マインドフルミュージックforオンリーユー
https://www.facebook.com/events/358358344636172/

 

にお越しいただくことを検討してみてくださいね♪

私はあなたと直接お会いできる日を

本当に、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です