即興演奏セラピーBefore/After【第2話】【2018年1月7日号】

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

今回は、2011年から約3年間
私自身が自分を実験台にして施してきた

【即興演奏セラピー】の
Before & After(ビフォー・アフター)
【第2話】

です。

自宅療養中だった頃、私は、
ピアノに感情を全てぶつけていました。

弾きながら歌いながら叫びながら泣きながら

よく感情が爆発してしまって
鍵盤を「グー」で叩いたりしていました。

そのせいか、ある日、
白鍵の「ミ」のキーが壊れていることに気づき

修理屋さんを呼んで、
みてもらうことになりました。

その結果

「長年いろんなピアニストの
ピアノを修理してきているけど
こんな壊れ方は見たことがない。

初めてですよ、、、

一体、なにが、、、???」

と怪訝そうな顔でおっしゃるので、
仕方なく、

ーーーちょっと、
精神的にいろいろあって、、、。

と私は苦笑いしながら語尾を濁しました。

すると、

その修理屋さんに、
何かが伝わったようでした。

おじさんの笑顔と私へ向ける眼差しの奥に
私を応援してくれてるような気配を感じました。

「 また、何かあったら
いつでも呼んでくださいね!!(^^)」

と言い残して

おじさんは、去って行きました。

彼の名刺は、まだ私のファイルにあります。

↑↑↑

壊れた中央「ミ」のキー

根本から折れていたそうです。(苦笑)。

***

当時のブログや音源を探していると
結構出てきましたので、

次号、いくつかご紹介しようと思います。

それにしても、

約7年の歳月を経て改めて読み返して
今、思うことは、

【即興セラピー】を継続することで、、、

  • 今この瞬間に全神経を集中する練習になる

       

  • 感情面が大きく安定していく

       

  • 「失敗」に対する恐怖が和らぐ

       

  • 自分の心の状態を客観的に観察できるようになる

       

  • どんな自分であっても自分に刃を向けること無く自分を受け入れることができるようになる

       

  • 自分が生きる目的「自分は何のために生きるのか」を悟ることができる

などといった、効果がある、という確信です。

(そして、マインドフルネス瞑想とも非常に近いですよね。。。)

(次号へ続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です