雪の降る月曜日の音楽【2018年1月22日号】

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

私の住む大阪では、

今日は、ずっと雨だったのですが、

関東では大雪だったようですね。

というわけで、今夜は、

「雪の降る月曜日」

に合う雰囲気のピアノ曲

ご紹介したいと思います。

身体が寒さを感じている時は

静かなピアノ曲を聴きたくなります。

これは、あくまで私の主観ですが、

共感していただける方も

多いのではないでしょうか??

間違っても、こんな曲は聴きたくはないですよね。

(敢えてみんなでパーティー開いて
踊りまくりたい場合などは別ですが(笑))

こういった、

雰囲気や気分に合う音楽について、

先日【1月20日号】で

 

【同質の原理】

 

という、音楽心理学や音楽療法の分野で

基本となっている理論をご紹介しました。

要するに、

 

そのときの気分に近い音楽を

人間は「心地いい」と感じる傾向がある、

 

というものです。

このことが分かると、

人間関係を築く基本的なスキルである

 

【共感力】

 

を磨くことにつながると私は思います。

そもそも音楽は、空間を演出し、

その場にいるみんなで

同じような気分になることができます。

たとえば、

男性が女性を初デートに誘うのに

ヘヴィ・メタルが流れっぱなしの店を

ディナーに予約することは、

普通はしないと思います(笑)

(それが、

その女性の好みだと分かっている場合は別です。)

あるいは、

開放感でいっぱいの、真夏のドライブデートで

悲しげな曲を選曲することも普通はしないでしょう。

こういったことは、最も分かりやすい例のひとつとして

私が今パッと浮かんだことですが、

音楽と気分が連動する

【同質の原理】を知り、

音楽を味方につけるだけで、

「この人、私の気持ちを分かってくれる」

という効果をつくることができます。

男女関係にかぎらず

あらゆる人間関係に有効ですよね。

***

というわけで、

今夜ご紹介する曲は、

ルドヴィコ・エイナウディ(Ludovico Einaudi)

というアーティストの

「Monday」という曲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です