悲しみを癒やす瞑想

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

吸う息は、心を明るくします。
吐く息は、心を落ち着かせます。

瞑想の最中に、身体や心のどこかから、悲しみや怒りが湧き上がってくるのを感じた時は

その想いを静かに受け取った後、
吐く息に合わせて、ゆっくりと、
身体の外に吐き出していくように、イメージしてみましょう。

そして、その後、

息を吸うときに、

身体中の細胞が生まれ変わっていくように
全身に新鮮な酸素が行き渡っていくことを、イメージしてみましょう。

瞑想を終えて、目を空けた瞬間、
あなたの心は、何だか新しく生まれ変わったような気持ちになると思います。

これは、朝の瞑想に非常に最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です